スポンサーサイト

  • 2013.10.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


I Spit on Your Grave 2

アメリカ版のBlu-rayで鑑賞
今年の春頃にリメイクの続篇が製作されてる情報を得ていましたが
こんなに早くDVDになってしまうとは・・・

日本では興行的にも物理的にも公開されないかも知れませんけども
前作よりは面白かった気がする
というのも、前作はオリジナルを現代に置き換えているけども
続篇はシノップスのレイプの果ての血みどろリベンジだけを頂戴しての
完全オリジナルストーリーだったためでしょうか

こう言う映画は前半の主人公を男どもが完膚なくなぶりたいだけなぶり
姦られかたが半端なければないほど、後半のリベンジが
見てるこっちのカタルシスを増幅させる訳で
その増幅をいかに映像として具現化させるのが監督さんの腕

前作と同じ監督さんなのでそこいらはちゃんと心得てるようで
今回のリベンジの肝はなんとなんとチンチンチョンパよりはかなり痛そうな
万力でのいんのう潰し

更に前作ではレイプから逃れた主人公が復讐に来るまでの過程が省かれていましたが
今作ではしっかりそこを映画として描写してくれてる
ってか

主人公はニューヨークモデルになったばかりで
自分の宣材写真を必要としているのですが
何せお金がないので、モデル写真無料撮影の貼り紙に飛び付くが
これがなんとハダカ写真撮らないと誘ってくるので
バカにしないでよと断るのだが

この写真撮影を行ってる3兄弟が今回のレイプ犯たち
ニューヨークで彼女をレイプしての、なんとなんと今回は
レイプ後にクスリ漬けしての地下監禁

隙をついて逃げるも言葉が全然通じない東欧の町
警察に保護されるもまたも連れ戻され
変態太っちょオヤジにビリビリ電気をあそこに通されて股間がもう真っ赤か
ってか今回は女も犯人に絡んでくる

言葉も通じない知らない町で彼女は一体どうやって生き延びて
復讐を実行していくのか
グロさはそんなにないけども

主人公へのえげつない凌辱の半端なさと復讐の憎悪の強さ
言葉の通じない世界で主人公がどのようにして生き抜いていったのか
映画としてもそれなりに面白かったと思ったのは私だけ?

主役のお姉ちゃんは前作の方がキリっとした美しさがあったけども
そんなに美人じゃないけども今回のお姉ちゃんの方が自分的には好み

DVDスルーはされるだろうけども
なんとかレイトショーでもいいので公開されることを祈ろう

2013年製作、アメリカ映画
スティーヴン・モンロー監督作品
ジェマ・ダーレンダー主演


エンド・オブ・ホワイトハウス

ここ来てアメリカ映画はホワイトハウスがテロリストに襲われる という企画が被っているようで そんな映画が相次いで日本でも公開されまして

比較する気ははじめからないけども 両方を見てからこのブログで並べて書くのもいいかな なんてことでまずは大分前に見てるのであんま記憶がないけど

「エンド・オブ・ホワイトハウス」 原題は「OLYMPUS HAS FALLEN 」
オリンポスってのはどうやらシークレットサービスの隠語で ホワイトハウスを指すらしい

ま、確かにゼウスたちが住む神殿がオリンポス だから最高峰の人物が住む場所を
オリンポスと言うのも なんだかわかるような
それが陥落しちゃうと言うことは エンド・オブ・アメリカというか
ある意味エンド・オブ・ワールドか 邦題はホワイトハウスとやや小さくしてるけども

見終わって最初の感想はホワイトハウスを舞台にした
「ダイ・ハード」やン ってかアメリカ映画お得意のプロパガンダ映画でもあるような

主人公はファーストレディを救えなかった為に、
今では大統領警護の役から外され財務省でのデスクワーク
イーストウッドの映画で知った時何故に シークレットサービスは財務省所管と思ったけど
シークレットサービスって最初は偽札の摘発のお仕事から
これがあの911から所管が国土安全省かなんかに変更されたのだよね

ホワイトハウスが北朝鮮のテロリストに襲撃され
大統領が人質になり、 それをたった一人のシークレットサービスが孤軍奮闘で
テロリストたちを蹴散らし大統領を救出するというアクション映画

2時間十分に楽しめる映画でした
もう半端ないくらい人は死ぬし ホワイトハウスを外から攻撃する北朝鮮テロリスト強いし
外と中との連携で大統領をホワイトハウスのバンカーに閉じ込めちゃう 外から開かないバンカーに籠って
大統領を人質にして日本海海域からの第七艦隊の撤退要求でしたっけ
この映画は韓国での公開を考えていなかったのかなぁ
テロリストはあっさり韓国大統領を射殺しちゃうし
テロリストは要求で日本海って言っちゃってましたよね
Sea of Japan って私にもはっきり聞こえてましたねぇ

いやテロに対してアメリカは容赦しない姿勢を見せてくれてるよねぇ
主人公がテロリスト二人を捕まえ情報を得ようと尋問するとき
有無を言わせずに一人の喉を刺して殺して もう一人に恐怖心を与えるのね

アーロン・エッカートが大統領を演じてるので
てっきり大統領もアクションするのかと思ってましたが ただただ縛られてるだけだった

テロリストに殴られなぶられる国防長官演じられていた メリッサ・レオがもうけ役でしたけど

2013製作、アメリカ映画 アントワーン・フークア監督作品
ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン、コール・ハウザー、フィンリー・ジェイコ ブセン出演