<< ヒッチコック | main | 気狂いピエロの決闘 >>

スポンサーサイト

  • 2013.10.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ライジング・ドラゴン

 ジャッキー・チェン最後のアクション映画という触れ込みは
アジアの鷹3作目だったのですね事前に情報入れないから
見るまで知らなかったけどチームも時代ですねハイテクになってましたが
相変わらず肉体を使ってのアクションが主体で
彼らは絶対にどんな時でも銃器は使わない

相変わらずのジャッキー製作、脚本、監督、主演のワンマン映画
それなりにアクション満載なのでラストまではそれなりに見られたけど
中盤のもたつきを感じたので2時間7分の尺はちょっと長かったかなぁ

新宿ミラノで鑑賞したらフィルム上映だったのね
で白いスクリーンに白地のスーパーが読めない
英語ならば多少スーパーが読みづらくても少しは言葉はわかるから
耳が助けてくれるけども、近くて遠い隣の国の言語はちんぷんかんぷん

DVDだと字幕もくっきりとするので何とか読めると思うけども
そんなわけで多少意味がつかめなかったところもありましたが
配給の角川さんもここいらは何とかして欲しかった。

キャットファイトのシーンはジャッキーのサービスだったのね
香港の女優さん同士のキャットファイトはキレてるので
ああいう動きな格闘じゃなくてくんずほぐれての髪引っ張って腹引っ張って
っての方が好きなのよね

エンドクレジットっではジャッキーのアクションシーンのワイプのお約束映像に
被せるようにジャッキー肉声でアクション映画最後のコメントと
これで映画を引退するワケじゃないと言ってましたねぇ

スー・チーさんが笑ってる映像を見たけど
ラストに一杯出てきた方々はカメオだと思える

スポンサーサイト

  • 2013.10.03 Thursday
  • -
  • 02:11
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM