<< ライジング・ドラゴン | main | リンカーン >>

スポンサーサイト

  • 2013.10.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


気狂いピエロの決闘

 私の居住区のTSUTAYAさん、GEOさんには店頭導入されていなくてねぇ
映画ファンブログではそれなりに評価されていたりして見たかったりしていたのが
なんと輸入DVD屋さんのホラー映画の棚でアメリカ盤のBlu-rayを見つけた
1枚2900円だったので、日本盤はDVDで3990円の10%引きより安いということで
購入してきたのをスペイン語英語字幕で鑑賞しました。

邦題に使われている「気狂い」が差別用語なのですが
それを使ってまで邦題にした意味が大変よくわかる映画でした
サーカスのクラウンって笑わせるヤツと泣くヤツとセットだったのね
その二人のクラウンが一人の女を巡って三角関係の末に決闘する映画

スペインの歴史ってあんまよく知らないけど大戦後はフランコ政権の独裁
ってのは何となく分かってましたが、そこは東の最果ての国の悲しさ
なにもわかっていなかったってことで、スペイン人にとっては
時代背景も重要な映画であったようですが

オープニングクレジットの映像は内戦大戦戦後の映画が時代背景として
バックに流されていましたねぇ
あの痩せた子供があんなに小太りな大人になってしまわれたとは

いわゆるDVやねぇ、笑わせるクラウンは
ってか奥さんのナタリが一番悪いやろう
思わせ振りするからここまでの悲劇を産み出すけど

あの美しさと色気で迫られたらその気になってしまうのも男の性ではありますが
自分的にはもう少しエグいグロさを期待していたのですが
顔面アイロンの皮膚グニューくらいしかなかったけども
できるなら顔面縫い合わせていくシーンは針だけじゃなくてね
皮膚を縫い合わせるシーンを入れて欲しかった

クライマックスの決闘の舞台はお父さんが作った教会だった
ナタリが落ちるシーンの赤色生地が印象的だけど
それ以上にナタリの運命の方がいい感じのオチでした

ホラーというよりはドラマの要素の方が強かったかなぁ


スポンサーサイト

  • 2013.10.03 Thursday
  • -
  • 01:10
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
>ヒロ之さん
こちらでもよろしくお願いいたします。

goo にはいつか戻れるといいのですが
しばらくは寿限無さんでお世話になります。

この映画は楽しく見られました
こう言う映画を上映してくれる劇場も殆どなくなってしまってる現状を憂いても仕方ないのですけど

レンタル屋さんで入れてくれないのはねぇ
こんにちは。
gooさんでは色々あったんですね。
もうあちらでは更新不可能になったのでしょうか?

面白い映画でした。
ピエロの狂気に引き込まれるというか、ストーリーの上手さに固唾を呑んで見守ってしまうというか。
一体全体どういう終わり方になるんだろう、ってそこに一番期待が膨らみましたが、予想を裏切るナタリアさんのクルクル舞いに唖然、戦い終えたピエロ2人のそれぞれの表情に釣られて私も呆然としちゃって、凄い映画撮っちゃったなぁとただただ感心させられました。
こういう良作をレンタル店に置かないばかりか、どの映画雑誌でもピックアップして取り上げてないてのが哀しいです。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
気狂いピエロの決闘
BALADA TRISTE DE TROMPETA/THE LAST CIRCUS 2010年 スペイン/フランス 107分 コメディ/ドラマ/アクション 劇場公開(2012/) 監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア 脚本:アレックス・デ・ラ・イグレシア 出演: カルロス・アレセス アントニオ・デ・ラ
  • 銀幕大帝α
  • 2013/04/26 2:03 PM
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM