<< ホワイトハウス・ダウン | main | 虹 >>

スポンサーサイト

  • 2013.10.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


I Spit on Your Grave 2

アメリカ版のBlu-rayで鑑賞
今年の春頃にリメイクの続篇が製作されてる情報を得ていましたが
こんなに早くDVDになってしまうとは・・・

日本では興行的にも物理的にも公開されないかも知れませんけども
前作よりは面白かった気がする
というのも、前作はオリジナルを現代に置き換えているけども
続篇はシノップスのレイプの果ての血みどろリベンジだけを頂戴しての
完全オリジナルストーリーだったためでしょうか

こう言う映画は前半の主人公を男どもが完膚なくなぶりたいだけなぶり
姦られかたが半端なければないほど、後半のリベンジが
見てるこっちのカタルシスを増幅させる訳で
その増幅をいかに映像として具現化させるのが監督さんの腕

前作と同じ監督さんなのでそこいらはちゃんと心得てるようで
今回のリベンジの肝はなんとなんとチンチンチョンパよりはかなり痛そうな
万力でのいんのう潰し

更に前作ではレイプから逃れた主人公が復讐に来るまでの過程が省かれていましたが
今作ではしっかりそこを映画として描写してくれてる
ってか

主人公はニューヨークモデルになったばかりで
自分の宣材写真を必要としているのですが
何せお金がないので、モデル写真無料撮影の貼り紙に飛び付くが
これがなんとハダカ写真撮らないと誘ってくるので
バカにしないでよと断るのだが

この写真撮影を行ってる3兄弟が今回のレイプ犯たち
ニューヨークで彼女をレイプしての、なんとなんと今回は
レイプ後にクスリ漬けしての地下監禁

隙をついて逃げるも言葉が全然通じない東欧の町
警察に保護されるもまたも連れ戻され
変態太っちょオヤジにビリビリ電気をあそこに通されて股間がもう真っ赤か
ってか今回は女も犯人に絡んでくる

言葉も通じない知らない町で彼女は一体どうやって生き延びて
復讐を実行していくのか
グロさはそんなにないけども

主人公へのえげつない凌辱の半端なさと復讐の憎悪の強さ
言葉の通じない世界で主人公がどのようにして生き抜いていったのか
映画としてもそれなりに面白かったと思ったのは私だけ?

主役のお姉ちゃんは前作の方がキリっとした美しさがあったけども
そんなに美人じゃないけども今回のお姉ちゃんの方が自分的には好み

DVDスルーはされるだろうけども
なんとかレイトショーでもいいので公開されることを祈ろう

2013年製作、アメリカ映画
スティーヴン・モンロー監督作品
ジェマ・ダーレンダー主演


スポンサーサイト

  • 2013.10.03 Thursday
  • -
  • 00:26
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM