<< ミレニアム2  火と戯れる女 上下 | main | 誤用 >>

スポンサーサイト

  • 2013.10.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 上下

 はまる っていうのは、恐ろしいことですね
とうとう3まで読破してしまいました
ほとんど何もしないで、読みふけっていたような

わかっちゃいるけど
やめられない
そんな感じでしたね
ちょっと活字に飢えていただけなのに

1が800ページ
2が900ページ
3が960ページ
とどんどんヴォリュームアップしていってましたしね
それを10日くらいで読んでしまった
ストリーテラーとしての作者の力量には感服
続きが読みたくなるのですが
なんだか事故でなくなられたとか

リスペットの魅力のとりこになってる自分がいましたね

3では、章立ての冒頭にアマゾネスに関する考察が
ていねいに書かれてまして
よくよく考えれば、確かにリスペット、ミレニアムの女編集長、
主人公の妹の女弁護士、
主人公の色気にまいる公安警察の女刑事

さらにさらに県警察の女刑事に、警備会社の元女刑事と

主人公はそれら女たちと関係を結びながら
狂言回しにしかすぎない

この物語は女たちの物語
それもいろんな意味で現代社会の中でたたかう女たちだったんですねぇ

ホント一気呵成に読めてよかった、
発売に合わせてまつのはつらい

いま3巻6冊持ってみたらかなりの重さがあった
しばらくまた本読まないんだろうなぁ

スポンサーサイト

  • 2013.10.03 Thursday
  • -
  • 22:39
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック